omoroi

Omoroiさかいが応援するリーモ君のお友達Ajuさんの絵が堺市消防局のポスターになりました。

Ajuさんは大学生の時に発達障がいと診断され、日常生活もできないほど落ち込んだこともありましたが、絵を描くことによってその才能が開花しました。

現在2016年度の東京大学異才発掘プロジェクトROCKETのメンバーとして1年間東京で生活しています。

Ajuさんの絵がポスターになった経緯を説明しますと・・・

Ajuさんには見たものをペーパークラフト化できる才能があるんです。
電車やバス、飛行機など頭の中で展開図を作ってそれにのりしろや折り方を考え合わせます。
それをillustratorというソフトで忠実に描いてゆくのですがその正確さは半端ではありません。
ビス一本、色合い、グラデーションまでこだわりぬいて作り上げます。

それに注目していた私は、堺市消防局のカレンダーにペーパークラフトがあるのを見つけ、担当の岡本さんに

「私の知り合いで、ペーパークラフトを作るのが得意な人がいるんです。消防車を作ってもらって、もし良いのができたらカレンダーに採用してもらえないでしょうか?」と

お願いをしました。

快諾いただきAjuさんの家の近くにある西消防署で写真撮影。

前から、横から、庁舎に上がって上から、そして梯子を伸ばして撮影。

それから3か月後の4月にはしご車のペーパークラフト完成。
それがスゴすぎました。
関係者一同ビックリ!!

A4、3枚の大作です。

image6

ただ・・・
精巧過ぎて子どもが、作るのは難しい。
イラチな私が作って2時間以上かかります。

というわけで、カレンダーへの採用は一旦白紙へ・・・

でも、岡本さんはAjuさんの絵の才能に目をつけてくださいました。

「今年の秋の火災予防運動から約1年間貼り出すポスターの絵を描いてくださいませんか?」

Ajuさん大喜びです。

堺らしい、そして消防車も入れたい。

私は、元々ビル群の絵を得意とするAjuさんですのでビルが少ない堺ってどう描くんだろ~?

newosaka

と少々不安でした。

提出期限は9月26日。

その後どうなってるんだろ~?と心配しながらもプレッシャーを与えてはいけない・・・

岡本さんも私も聞くに聞けないまま期限が迫ってきました。

そんな時にAjuさんが大阪に帰ってくると連絡があり、我が家に制作途中の絵を見せに来てくれました。

その原画を見たときの感動!!
え~!!!と絶句
ホンマ涙が出ましたよ。

左下から書き始めて大仙公園まで描かれていました。

ビル群ばっかり描いていたAjuさんが全く違った雰囲気の作品を、でも間違いなくAjuさんの作品。
そしてめでたく26日ギリギリに提出。

image7

そのポスターがこれです。

image8

原画を見た時に、この作品のどこに消防車を配置するんだろ~?
どちらも打ち消しあってしまわないか?と心配でしたが・・・

お見事!
素晴らしいポスターが出来上がりました。
元データは、堺市提供の航空写真です。

でもこのポスター、パッと見るだけではその凄さがわからないのです。
ぜひ虫メガネをもって観てください。

とにかく精密。

0.05mmのサインペンで下書きなし。
よくもまあ、最初と最後のつじつまが合ったもんだと感心しながらじっくり見ると・・・

0.05mmで描ける線は全て忠実に描いてます。

だから、自分の家が探せます。

JA堺市の駐車場の角のクスノキ、大仙公園の池の映り込みなどじっくり見れば見るほど楽しい絵

ビルを描くのが好きなAjuさんは堺市駅のベルマージュ堺を描いてる時はルンルンだったと言ってました。

と言ってもこの画像ではわかりませんよね。
一部分だけを拡大しますと・・・

image9

大仙公園です。

ぜひ、このポスターを見つけたら虫メガネを持って観てくださいね。

Ajuさんホームページ

s-dsc08190

Ajuさんが講演します

傍観・無関心からの移行

12月4日、滋賀県草津市サンサンホールで開催される講演会で登壇します。

この講演会でAjuさんは、「わたし」というテーマで、発達障がいと診断される前と後で葛藤する2人の自分、障がいがある自分とアーティストの自分、について話します。

参加申し込みフォーム

Ajuさん講演会案内チラシPDF

参加費:無料
会場:草津市サンサンホール
〒525-0032 滋賀県草津市大路二丁目11番51号(草津警察署横)
電話:077-564-5294

地図

滋賀県草津市大路二丁目11番51号


s-fujioka
藤岡