大塔宮 吉野四本桜

蔵王堂の正面にある四本の桜。

元弘3(1333)年北条方に攻められた大塔宮護良親王(後醍醐天皇の第3皇子)は、吉野城落城寸前にこの四本桜に幕を張り前で最後の酒宴をしたといわれています。

こちらは大塔宮護良親王を囲みいったい何人彫られているのか?数えてみて下さい。
この枡合のスペースを使い遠近法で深く彫られている様に細工されてます。
こちらも上部に立派な桜が細工されてますので、要チェックです。