世界最大級の墳墓と堺のテーマパークを散策

大仙公園周辺マップ

コース概要

南海高野線・JR阪和線三国ヶ丘駅を起点&終点

  1. 三国ヶ丘駅~JR阪和線普通電車で百舌鳥駅へ
  2. 百舌鳥駅から大仙公園へ
  3. 大仙公園散策(堺市博物館、茶室、日本庭園、自転車博物館)
  4. 仁徳天皇陵周遊(ウォーキング・サイクリング)

詳細情報

三国ヶ丘駅でJR阪和線下り普通電車に乗車一駅で百舌鳥駅です。

百舌鳥駅~大仙公園

大仙公園散策

まずは堺市博物館へ

堺市茶室:(伸庵・黄梅庵)入場無料

  • 伸庵では300円で抹茶一服(干菓子つき)を楽しめます。
  • 茶室の前には千利休と師匠の武野紹鴎(たけのじょうおう)の銅像が有りす。
  • 詳細情報

堺市博物館

  • 午前9時30分から午後5時15分(入館は午後4時30分まで)
  • 入館料一般:200円高・大学生100円 小・中学生50円65歳以上:無料(要証明書)
  • 詳細情報

 堺市博物館案内

常設展示
仁徳天皇陵古墳をはじめ、古墳についての展示

  • 自由都市堺に関する展示昔の堺の町並み南蛮貿易
  • お寺や行基についての資料

百舌鳥古墳群シアター
無料博物館に入らなくても無料で観れます。仁徳天皇陵古墳に行く前に、まずここで 古墳の基礎知識を得ましょう。
実際に歩く楽しさが倍増します。
2つの作品を上映しています。

  1. 百舌鳥古墳群-時を超えて-:毎時00分
  2. 古代のタイムカプセル:毎時30分

百舌鳥古市古墳群パネル展示コーナー

大仙公園の池の眺めもきれいな空間に、世界遺産登録を目指す百舌鳥古市古墳群のパネル資料が有ります。

また、古墳シアターの外壁面に昔の仁徳天皇陵古墳の写真や絵が展示されています。

博物館にはボランティアガイドの人がだいたい常駐しているので、ぜひ声をかけて説明を求め質問しましょう。
仁徳天皇陵古墳の大きさや歴史が立体的に見えてきます。

地下1階:体験コーナー
仁徳天皇陵古墳から発掘された石棺の模型やマグネット式の土器やハニワの組み立て、銅鏡など触って作って楽しめる体験コーナーがあります。

コインロッカー
博物館入口にコインロッカーが有ります。コインロッカーに入らないスーツケースや大きな荷物は入館券販売所でお願いすれば預かってくれるかも?


大仙公園周辺のスポット

大仙公園日本庭園
入園料:大人200円、小中学生100円65歳以上、障害者の方は無料(要証明)
日本庭園ホームページ

自転車博物館
入館料:大人200円、中高100円、小50円小中学生土日祝入館無料65歳以上100円
自転車博物館ホームページ

仁徳天皇陵参拝所
残念ながらここから先には入れません。
ここには常時観光ボランティアガイドさんがいますので詳しい案内をしてくれます。
気軽に声をかけて質問しましょう。

いたすけ古墳
ここには野生のタヌキが住みついていて地元の人気者です。
時間のある方はちょっと足をのばして行ってみてください。
時々エサを投げ入れるオジサンの姿も・・・YouTube (2009年藤岡撮影)

※堺市博物館、日本庭園、自転車博物館は他の施設のチケットを提示することで20%割引になります。


仁徳天皇陵古墳の大きさを体感

とにかく広大な仁徳天皇陵古墳は世界最大級のお墓です。

その大きさを体感するには、1周回ってみるのが一番!

ウォーキングで

歩いて回るなら参拝所(仁徳天皇陵)を正面にして左側に回るコースがおすすめです。

石碑や緑、野鳥を楽しみながらゆっくり歩いて約1時間で三国ヶ丘駅です。

サイクリングで

天気の良い日は、大仙公園観光案内所か自転車博物館にあるレンタルサイクルを利用して古墳群を回ってみるのも快適です。

時間が有るなら、そのまま自転車で堺の町を観光してみるのも良いでしょう。

レンタルサイクルの貸出場所は南海高野線の堺東駅前、南海本線の堺駅にもありますので、200円の追加料金でそちらに返却することができます。

サイクルライフさかい

仁徳天皇陵古墳を歩いてみよう

磐之媛命(いわのひめのみことりょう)の歌碑
磐之媛命の陵は奈良市にあるため、離ればなれで寂しいだろうと、歌碑を仁徳天皇陵の傍に建てたというロマンチックな話です。

仁徳天皇陵のお堀の水を海へ流す水路
ここから地下を通り堺の旧市を取り囲む環濠の南宗寺の所に流れています。


三国ヶ丘駅案内

最後にちょっと一言

古墳を体験するなら、今回紹介したコースがおすすめ。

もし時間と体力が有るなら、大仙公園をゆっくり散策してみてください。
すごくきれいな公園です。

もっと時間と体力があるなら、まち旅ループバスやレンタサイクルで堺の旧市街に行ってみましょう。