八岐大蛇退治

天岩戸事件で神々に責められ高天原を追放されたスサノオ(素盞嗚尊)は、出雲国に逃れました。
そこで、一人の娘を真ん中にして泣いている老夫婦に出会いました。スサノオが老夫婦に泣いている理由を尋ねると、「私たちには八人の娘がいました。でも毎年、山からヤマタノオロチが降りてきて娘を一人ずつ食べていったのです。今年もヤマタノオロチが来る時期になり、最後に残った娘も食べられてしまいます。それが悲しくて泣いているのでございます」と答えました。
その大蛇は一つの胴体に八つの頭と八つの尾をもつ怪物。
スサノオは、奇策を巡らします。家のまわりに垣根を張り巡らせ、その垣根に八つの門を設けそこに醸造した強い酒を満たした桶を置いて待ち構えていると、ヤマタノオロチが現れました。
芳醇な香りが漂う酒を見つけたオロチは八つの桶にそれぞれ頭を突っ込んで酒を飲み始めました。やがてすべての酒を飲み干してしまうと、オロチは酔っぱらって、眠り込んでしまいました。
その時、スサノオがヤマタノオロチに切りかかり、退治したのです。その時にヤマタノオロチの尻尾から見事な太刀が出てきました。
スサノオはこの太刀をアマテラス(天照大神)に献上したという話です。
この剣を天叢雲剣(アメノムラクモノツルギ)と名付けられました。

この剣は後に草薙の剣といわれ、皇室の三種の神器の一つとされることになります。

【毛穴町の彫り物担当須田さん】
毛穴町のだんじりは大屋根枡合は正面が国津神 右平が天津神 左平が出雲神話 後面が氏神にまつわる話としています。
よって左平は出雲神話で「八岐大蛇退治」にしました。
この大きく特異な形状の枡合いっぱいに大蛇が奥から横から暴れうねり迫力満点の枡合は自慢の彫り物の一つです。
大蛇はちゃんと八頭あります。それと素盞嗚尊が掴んでいる尾っぽが草薙剣になっていますので是非確認してください。

草薙の剣と呼ばれるようになった訳

この天叢雲剣ですが、のちの世で草薙の剣と呼ばれるようになります。

その理由は、大鳥大社の御祭神である日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が九州の熊襲を征伐して大和の国に帰るとすぐに父である景行天皇から東国征伐を命じられました。

写真は毛穴町の小屋根右枡合(日本武尊熊襲征伐)です。

景行天皇は日本武尊の武勇を恐れ、大和の国から追放し東国で命を絶たせることを目的としたそうです。
流石に勇ましい日本武尊もこれには傷つき伊勢神宮に居る叔母である倭姫命(ヤマトヒメノミコト)に「父は私に死ねと命じた」と泣きつきました。
倭姫命は甥の運命を哀しみ、天孫降臨の折、皇祖神が天照大神より与えられた天叢雲剣を「あなたの父から渡すように言われました。」と言って渡したのです。

これにより励まされた日本武尊は勇気をもって東国征伐に出発したのですが、今の静岡県で敵軍の火攻めにあいます。
その時にこの剣で草を薙倒し炎の進路を変えて、逆に敵を制圧したのです。
これにより、天叢雲剣が「草薙の剣」と呼ばれるようになりました。

その焼打ちにあったところが今の「焼津」です。