高松城水攻め

備中高松城は沼地に築かれていて難攻不落の名城でした。
それを逆手に取った秀吉
城の近くを流れる足守川をせき止め堤を作って城下を水没させるという壮大な作戦です。

毛穴町のだんじり新調にあたって彫り物のプロデュースをされた須田聡さんによると・・・
歴史に興味がある人ならよく知られた有名な場面。
しかし、だんじりの彫題では、珍しく土呂幕の様な大きな箇所でこの場面の彫物は他に無い。
前田工房の作品で豊臣秀吉像が数点ありどの作品も秀作だったので 是非毛穴町の彫物にも迫力ある秀吉を彫ってほしい!思いこの場面に決まったそうです。

前田暁彦氏
土呂幕に初の場面で、場面的におとなしく、構図をどうするかで悩みました!
平の土呂幕は、だんじりの構造上それほど奥に深く彫れないのですが、この場面は距離感を出さなくていけないので、遠近感を出すのにも苦労しました。

この彫り物が有る場所はココです。