長尾街道

長尾街道は、堺市堺区から東へ向かい、二上山の北麓、田尻峠を越えて、奈良県葛城市の長尾神社付近に至る街道です。
しかし現在では藤井寺市付近でそのルートがよくわからなくなっているそうです。
長尾街道は、中世から近世において、堺や浪速を中心とした産業の流通や伊勢詣や熊野詣、高野詣などによって発展した街道だったようです。

今回も、堺を通る五街道を歩く、わいわい写真クラブの上野さんがレポートしてくださいました。

阿保茶屋(あおんちゃや)と読みます。

灌漑用の堰樋のモニュメントです。

309号線を渡る

近鉄南大阪線の布忍駅を通過します。

「惣井戸」と呼ばれる古井戸です。

堺市に入ります。

府道28号(ときはま線)通過

堺市指定文化財

五箇荘小学校前

楽しそうなお店

堺市駅前商店街

堺市駅

三国ケ丘北交差点

方違神社

南海高野線をくぐる地下道

府道30号線を渡る

殿馬場中学校前

ザビエル公園でゴール

地図

上野さんが歩いた長尾街道全行程はこちらから