西村農園

ハーベストの丘の農産物直売所と蜂ヶ峯フラワー農園コスモス館で大人気の完熟トマトの生産者西村農園さんに行ってお話を聞きました。

農家のオヤジさん、それも大人気商品の生産者だという事で、ガンコおやじだったらどうしよう・・・
農業のこと全く知らないし・・・と不安半分以上で教えてもらった携帯電話にダイヤルしました。

電話でお話ししてスッゴクいい感じの方で一安心。
約束した3月9日の午後に西村農園さんの作業場にお邪魔しました。

s-DSC08131

泉北ニュータウンの外れ蜂ヶ峯地区泉北2号線から少し入ったところですが、そこはまるで別世界。

こんなに爽やかな雰囲気に満ちた空間があるんだ。となぜかホッとして、心地のいい時間が流れました。

ご主人の西村良治さん、奥さんとお母さんが、明日直売所に持って行く選別作業をする横で、2人の子供さんがお絵かきをして遊んでる。
家族5人が「あーでもない。こーでもない。」とわいわいがやがや仲良く作業。

お嬢ちゃんもトマトの収穫から袋詰めまで全ての作業を手伝うことができるそうです。

お手伝いをしているところを撮影しようとカメラを向けたら逃げる逃げる。
堺市内でこんなのどかで素敵な雰囲気を味わえるなんて思ってもいませんでした。

image4

作業場での仕事は、選別と袋詰めです。

お母さんの横にある「おてつだいさん」というマシーン。こいつが「ええ仕事」します。

あらかじめ重量を設定しておけば、トマトを載せると「エル」とか「エム」とかサイズを言ってくれるのです。

そしてお母さんの職人技!

写真のように3個ずつトマト並べるのですが、3個の合計重量が全て同じ480g
まさに神業です。

これを袋詰めして、お嬢ちゃんが値札を貼って出来上がり。
明日の朝「ハーベストの丘直売所」に並びます。

image5

決断力と行動のお父様

西村農園さんがトマト栽培を始めたのは先代のお父様。

元々桃農家だったのに、ミカンに変わり、農地の区画整理を機に「トマトや!」と言って突然ミカン農家からトマト農家に転身
大きな投資をして空調、給水システムを完備したトマトハウス建てました。

お父様のスゴイのは独学でトマト栽培を学び試行錯誤の末に西村農園のブランドを作り上げたのです。

とにかく直売所で大人気の西村農園のトマト。
大雨や嵐のような天気の日(年間に5日くらい)以外はいつも完売だそうです。

image6

私も一つ味見をさせていただきました。

食べる前にちょっと待って!と・・・トマトの食べ方をレクチャー
トマトを丸かぶりする場合、普通にガブリと行くと汁と種が飛び散ってエライ事になるのでヘタをとって上下にかぶるとイイらしいです。

という事でガブリ!

「甘い」というより「濃い」んです。

私の第一声「濃いですね~」

「そう!濃いトマトを目指してるんですよ。」って
良かった。ズレたコメントせんで・・・内心ホッと・・・

なんでこんなに美味しいの?

理由を聞いてみて納得しました。

その1:直売所に近い

とれたてが店頭に並ぶから新鮮そのものです。

その2:完熟

スーパーなどで売れれているトマトは、まだ緑色の状態で収穫して流通の工程で熟して行き店頭で赤くなるそうです。
それが西村さんのトマトは木になってる状態で真っ赤。
もし、西村さんのハウスに他のトマト農家さんがきたら・・・

「早うとらなアカン!もう終わってる。」思うでしょうね。

その3:完売する

西村さんが、安心して真っ赤になるまで木で熟すことができるのは、毎日完売するからです。
もし、売れ残りが出るならリスクを少なくするために緑色を収穫するでしょうね。
一番おいしい収穫したてが店頭に並んでいるのです。

image8

その4:試行錯誤

お父様が、トマトを作ると言い出して大借金。
大がかりな設備を投資しました。
そこで都市型農業の難点・・・泣
トマト栽培をトータルにサポートできる組織が無かったんです。

だから、生産者であるお父様が核になって種苗メーカー、空調設備、ハウス設備などの業者さんからの意見を聞きながらの試行錯誤。
これによりいろんなノウハウを積み上げた結果、美味しいトマトができるようになったんですね。

スゴイ!お父様の決断力!

トマト栽培には四国の真砂土が良い!ときくと四国からフェリーで土を運んでハウス内の土を総入れ替え。
ハウスまで大型トラックが入らないので大変な作業だったそうです。

とまあ、こんな条件が重なって大人気!西村農園のトマトが出来上がってるんですね。

現在西村農園さんでは6,000株のトマトと7反の田んぼで上神谷米を作ってます。

お母さんと西村さん家族4人が仲良く、楽しく仕事が回転する限界。
ちょうどいいバランスだそうです。

image9

西村農園さんのトマトの購入は

西村農園さんでは直接販売は行っておりません。
売り切れだからといって直接買いに行かないでください。

ハーベストの丘農産物直売所

堺市南区鉢ヶ峯寺2036-1
電話:072-296-9926
ホームページ

[map addr=”堺市南区鉢ヶ峯寺2036-1″]

蜂ヶ峯フラワー農園コスモス館

堺市南区鉢ヶ峯寺2866
電話:072-290-0505
ホームページ(堺市観光ガイド)

[map addr=”堺市南区鉢ヶ峯寺2866″]

藤岡
藤岡