わが町再発見!堺の情報発信

風の芸術:ギャラリーいろはに

ウエダリクオは風の芸術家と呼ばれています。
そう呼ばれるようになった原点となる詩を二つ載せます。
最初は、ウエダリクオが青年時代に海外を放浪した経験とその後、風と出会ったことを書いた詩です。


僕は、チベットの山奥にあるであろう
数億年の時を映し出す湖面になろうとした。
出来るだけ風の少ない日をえらんで。
空が湖底の翠にとけこみ、雲が流れ、時おり渡り鳥がよぎる。
風が吹き、全てを湖岸に運んでいく。
そしてなにもなかったかのように再び空が広がる。
すべてはすでに用意されていた。

僕は23歳だった。
あてもなく旅し、目的のないことに酔いしれる。
ノルウェーには雪があり、
モロッコには砂漠があり、
アフガニスタンには山があり、インドには河が流れていた。
無一文でドイツをさまよっていた時、
スコットランドの青年ピーターと出会った。
彼も一文無しだった。
誕生日の日に詩をくれた。

そしてデンマークで風と出会った。    

                   ウエダリクオ


旅の道連れとなったピーター(Petar Lyth)の詩


 ウエダリクオは大学卒業後の22歳から、3年間ヒッチハイクをしながら、
ヨーロッパ、北アフリカ、中東などを放浪しました。 帰国後、体験や考えをアートという形で表現しはじめました。 27歳でデンマークのワークショップ
(公開制作と発表)に参加した時から、風を絵にするwind drawingを始めまし
た。
材料は、小さな木の枝や葉とペン、紙片だけのシンプルなものから、大き
な木や大掛かりな装置を使ったものまで様々です。
「待つ」時間と陽の光、温度や湿度、天気や季節の影響を受けながら、風が絵を
描きます。 風の描画は私たちに自然からのメッセージを届けます。 詩的であり、哲学的であり、時に宗教的です。 自己主張を極力抑えた 控えめな芸術は日本人にはなじみ深い心地よさに満ちています。今回は紙片の代わりにルーローの三角形の形をした銅板を設置し、ペンの代わりに針を付けて、風が吹くと線刻がされるようになっています。

いわば風の銅版画(エッチング)です。エッチングに刷り上がった作品が14点とオブジェが4点、計18点の作品が展示されています。

全ては繋がっていて、絶えず変化し続けていることを、ウエダリクオは風を見続けるなかで気づきました。そしてそのことは般若心経にも旧約聖書にも書かれており、ピーターの詩にもウィリアム・ブレイクの詩にも書かれており、物理学の最先端の理論にも書かれていました。「すべては用意されていた」のです。ただ「私たちは考えることが多すぎて、自然を見ることを忘れてしまい、気づくことができないでいる(ピーターの詩にあったように)」。
 シンプルなことの中に宇宙に繋がる大切な真理が存在することを、そして日常を大切にしなければいけないことを視覚化しようと試みたのがウエダリクオのアートです。

ギャラリーいろはに:北野庸子

最新記事

風の芸術:ギャラリーいろはに

ウエダリクオは風の芸術家と呼ばれています。そう呼ばれるようになった原点となる詩を二つ載せます。最初は、ウエダリクオが青年時代に海外を放浪した経験とその後、風と出会ったことを書いた詩です。 風僕は、チベットの山奥にあるであ …

大鳥大社にも鳥井駒吉が

社名碑 鳳駅から大鳥大社に向かって歩いてくると一番初めに目につく石碑です。 官幣大社大鳥神社と刻まれたこの石碑裏側に「堺市 鳥井駒吉」と大きく刻まれています。(現在裏側には入ることができません) アサヒビールを設立し、南 …

本城永一郎先生

本城先生は、堺市の私の「ギャラリーいろはに」に一番多く来て下さった方です。 21年のお付き合いになります。ほんとうに楽しく面白い方で、同時に深い洞察力と包容力を持っておられました。愛さずにいられないお人柄でした。先生がお …

ちん電(紫おん)で「かるた」

本日より阪堺電車(ちんちん電車)の堺トラム紫おん車内で「もののはじまりなんでも堺かるた」の絵札、読み札が掲示紹介されています。 みなさん紫の堺トラムを見つけたら用事が無くても乗ってください。 8月末まで展示中! ■ものの …

豊臣秀吉と堺:堺市博物館

只今堺市博物館では「豊臣秀吉と堺」という企画展を開催しています。 6月22日(初日)に行って今回の展示をプロデュースなさった堺市博物館学芸員の宇野さんに説明いただきました。 まず、最初の展示は堺市博物館所蔵の「聚楽第(じ …

鳥井駒吉が建てた石碑移転完了:開口神社

開口神社の東側の鳥居の脇の玉垣に囲まれて目に触れることのない場所に鳥井駒吉さんが建てた石碑がありました。その石碑が、先の台風で大きな被害を受けた豊竹稲荷神社修復移転に伴い参拝者の目に触れる場所に移されました。 鳥井駒吉の …

明日香村・橘寺に

鳥井伊助さんの名前が書かれた扁額 アサヒビール創業者鳥井駒吉の父君、鳥井伊助さんの名前が書かれた扁額が明日香、橘寺の太子堂に掲げられている!と 数年前に発見、教えて下さったのは堺、妙法寺のご住職ご夫妻でした。 それは見に …

空の茶会

今日、写真撮影をお願いされてウエスティで開催されたお茶会に参加しました。 チラシを見れば・・・「お茶会をつくろう!」などと書かれているので、わけのわからん、へんてこなお茶会だと想像しながら会場に・・・ しかし、帰り際には …

堺国際市民劇団メンバー募集中!

堺国際市民劇団は、堺市西文化会館(ウエスティ)を拠点に活動している市民劇団です。 プロのアーティストがアートの力を地域に還元すべく生まれた市民劇団で演劇を中心に、音楽、ダンス、殺陣、ビジュアルアート、エアリアルなど様々な …

FRINGE SAKAI練習中

堺フリンジフェスティバルが4月に開催 2月6日土曜日西区ウエスティ2階ギャラリー コロナ渦の中マスクを着けて猛練習しています。何度か練習風景を見学させていただいていまが見ていると本当にスゴイのです。 歌は上手だし、ダンス …

秋の大仙公園、夜の顔

柿ちゃんのOmoroiさかい 11月21日夕刻世界遺産百舌鳥古墳群、仁徳天皇陵古墳前、孫大夫山古墳周縁で2000基の絵灯籠が点灯、点灯まもなく孫大夫山古墳上空を野口さんの乗った国際宇宙ステーションISSが通過するというサ …

開口神社「鳥井駒吉建立の石碑」を移動中

開口神社境内 「鳥井駒吉建立の石碑」の移動に関しての経過報告 皆さん堺の偉人「鳥井駒吉」という人物のこと知ってますか? 鳥井駒吉さんは、あのアサヒビールの創業者なのです。そして南海電鉄の発起人となり2代目の社長となった人 …

堺・山之口商店街「玉手箱プロジェクト」

「玉手箱プロジェクト」とは造形作家のイシバシオサム先生が山之口商店街のギャラリーいろはにで個展を行っている時に、立派なホコリにまみれているボックスが商店街のあちらこちらにまるで放置されているのを発見。これは何?とギャラリ …

ピースフル・ホスピタル

堺国際市民劇団第2回公演 只今気合を入れて練習しています!! 練習を見学させていただきました。今回のステージはすっごい楽しい!!天使役の鍋海光さんの表情が最高でした。大笑いの連続!でも、ただのコメディでは無いようです。こ …

博物館には何がある?

-堺市博物館コレクション展 Part1 近代編- ただいま堺市博物館で興味深い企画展が開催されているので行ってきました。 堺市博物館に所蔵されている明治~昭和の資料で私たち市民が「へ~そうなんだ。」と思わず言ってしまうも …

第12回堺原爆展

今日から堺原爆展が堺市役所本館1階ロビーでスタートしました。 今回の注目は広島の基町高校の生徒さんが描いた原爆の絵です。 原爆体験者から話を聞きながら描いた当時の様子は実にリアルでものすごい迫力です。 生徒さんたちは、原 …

与謝野晶子の短歌からイメージした花の絵画

与謝野晶子のうたと花をテーマにした日本画の展示会が山之口商店街ギャラリーいろはにで開催しています。 今回で14回を数えるこの展示は鍵谷節子先生とその一門の方10名で晶子の短歌からイメージした花の絵を展示しています。 ギャ …

堺の歴史と文化の記録「堺市史」

みなさん「堺市史」って見たこと、聞いたことありますか? 堺市立中央図書館に行けばあります。 いったいどんな書物なのかと言いますと・・・ 昭和4年に刊行された堺の歴史の記録です。 実は、それ以前、明治34年に大阪市が「大坂 …

さかい利晶の杜:企画展「源氏物語」を解き明かす晶子」を開催

ただ今さかい利晶の杜では、企画展「「源氏物語」を解き明かす晶子」を開催しております。 今年は、与謝野晶子の最後の大作『新新訳源氏物語』完成からちょうど80年になるのでそれを記念しての開催です。 晶子さんは、少女時代から「 …

「風ととき」堺旧港にOPEN

2019年10月、堺旧港の北波止町にすごくいい雰囲気のカフェがOPENしました。 お店の名前は「風ととき」 堺の歴史、文化の入口、デートスポット、もっともっと人が集まってにぎやかになってほしい!堺旧港に・・・気持ちのイイ …

PAGETOP
Copyright © Omoroiさかい実行委員会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.